知っておくべき印鑑の知識

丸印イメージ

法人の皆さん、会社にお勤めの方、そして個人事業主の方などは法人印についての印鑑の意味というものはよく分かっていると思います。
これから起業しようと思っている人はちょっと知っておかないと恥ずかしい印鑑の知識を勉強しましょう。
たとえば丸印と角印の違いって知っていますか?

その名の通り、丸い印鑑と四角い印鑑だということでもありますが、丸印は丸い印鑑が丸印というわけではありません。
丸印を指すのは会社実印のこと、つまり会社で言うところの代表者印です。これを丸印と言います。
対して角印はそのまま角印、社印のことを言います。
丸印と角印の違いというのは使い方に大きな違いがあるのです。

角印は見積書、請求書、領収書、発注書など、会社内においての日地上的な業務で発生する書類に対して捺印するものです。
「この書類はこの印鑑が押された会社で発行したものです」と明確にするための印鑑です。

丸印は設立する際に法務局に登録された印鑑のことで、各契約書に対して印鑑証明と一緒に捺印するための印鑑です。
この丸印(実印)というのは印鑑証明照合が行われます。

そのため、角印では住所印、社名代表社名の最後の1文字の半分程に被るように押印するのですが、丸印は文字とかぶさらないように押印しなくてはいけません。
たいていは丸印を押すべき場所は『印』という文字によって丸印を押すべき場所が決められているものです。
こういうように丸印と角印には、徹底的な違いというものとしては実印登録されているのかそうでないのかということでしょう。

ページの先頭へ