印鑑の役割

角印イメージ

法人の印鑑には社印という印鑑がありますが、社印は四角形をしているので角印という言われています。

角印は私たちの個人の印鑑で見てみると、認印の意味を持つ印鑑だと言われていますが、法人や個人事業主の出す領収証や請求書、そういったものに対して押印される印鑑なのです。

この角印というものはもうひとつ大仕事があると思うんです。それは実印や銀行印など、会社にとっての大切な印鑑を守るということです。

代表者印、銀行印というものは非常に重要な印鑑です。会社にとって最も重要で会社の財産でもあります。
この大切な印鑑は、本来は人の目にさらされるということを避けなくてはいけません。個人の印鑑同様実印や銀行印を人目にさらさないものと同じことです。

個人事業主では特に、代表者印ひとつ準備すればいいと思っている人も多く、実際代表者印ひとつですべての印鑑の役割をこの代表者印でまかなっている人もいるのです。 これはとても危険なことなんです。

すべてのものをひとつの印鑑、しかも代表者印などでまかなうということはその印鑑を偽造されてしまう可能性が非常に高いのです。

それにもし紛失してしまったら?そんな危険と隣り合わせで経営を続けているようなものです。
角印があればそういった印鑑の併用を避けることができます。

何よりも角印がその代表者印や銀行印などを使用していた印鑑の代わりに角印を押すということになるので、代表者印や銀行印を表に出さなくてもよくなるのです。
ただただ領収書に印鑑を押すという意味だけでなく、大切なものを守る意味も持つ角印なのです。

ページの先頭へ