印鑑は大切なもの

代表者印イメージ

京都で個人事業主をしている友人が今法人印を探しています。
個人事業主になった際には実印となる代表者印は準備して、それを使っていたのですが、社印が押されていない領収書を受け取った人から怒られてしまったとか。

相手からすると会社の名前が入ってはいても印鑑が押されていないものなんて、そんな風に言われてしまったそうです。
こういう話を聞くと、日本はつくづく印鑑社会なんだなぁと思い知らされますね。

友人は個人事業主であって、いわゆる角印は必要ないと思い普通に認印で今まで押印してきたそうです。
銀行印と代表者印以外ですが。認印でも十分だったはずなのに、やはり屋号があるとその印鑑というものがあったほうがいいという意見が多くなったとか。

自分では必要ないと思っても取り引き相手がそんな風に望むなら、やはりそういうことを考えないといけません。
早速角印を作ろうと考えたそうです。

角印は法人にとっての認印です。認印は非常によく使われるものです。
この認印はかなりの人の目に晒されることになり、会社の顔にもなるのです。だからこそ、領収書などに押印されているものがその会社を表すものとなるのです。

だったらはじめから準備をしておけばよかったと思ってしまいますよね。
準備をしておかなかったのは仕方がないのですが、角印を使うことで実は代表者印を守るという役割もあるのです。

印鑑で印鑑を守るということはとても重要なことなんですよ。代表者印は本来ならそう簡単に外へ出すものではありません。
印鑑はそれだけ大切なものなんです。

代表者印について Yahoo!知恵袋 最新ベストアンサー

ページの先頭へ